【ペット保険】ネコを飼うときにしてあげたい3つのこと

私はこれまで計5匹のネコちゃんを飼ってきましたが今はウチにネコはいません。

そのネコたちはそれなりに長生きでしたが最後は病気になり、悲しい思いも、大変な思いもしました。

しかしやはり、その子たちとの生活はとても楽しいものだったので、またいつかネコを飼いたいと思っています。

なので、次に飼う機会があったら健康面でしてあげたいことが3つあり、この記事ではそれを紹介したいと思います。

ネコを飼うときにしてあげたい3つのこと

この記事で紹介するネコにしてあげたい3つのことは、健康に関することになります。

どれも個人的な経験から考えていることですが、飼いネコによく起こる健康上のトラブルのリスクを減らすことになると思うので、ネコを飼っている、これから飼いたいという方の参考になると思います。

私が考えるネコにしてあげたい3つのことは次のことです。

  1. 食事に気をつけてあげたい
  2. 歯を磨いてあげたい
  3. ペット保険に加入してあげたい

どれも飼っていたネコが亡くなってから私が思ったことで、とくにペット保険には絶対加入してあげたいと考えています。

それでは、なぜこの3つのことをネコにしてあげたいと思ったのか、お話していきたいと思います。

食事に気をつけてあげたい

食事の量に気をつける

はじめに買ったネコは、私がまだ祖母と暮らしているときでした。

私や母は、そのネコがいくらねだってきても食事の量や時間を決めていましたが、祖母は私や母がいないとき、ネコが鳴いたらいつでもごはんをあげてしまっていました。

その結果ネコは肥満になり、歳をとってから膀胱結石で手術をして、かわいそうな思いをさせてしまったと後悔しています。

ネコを飼う以上はその責任は飼い主にあるので、食事の量など健康の管理は飼い主がしなければなりません。

食事の質に気をつける

現代はペット用の食事はスーパーやドラッグストアなどで簡単に手に入り、しかも栄養面など質的にも優れています。

しかし、健康のことを考えるとできるだけ良いものを食べさせてあげたいところです。

特に最近のネコは長生きになったことで腎臓の病気になることが多いので好きなものだけでなく、若い頃から普段の食事に気を配り、ナトリウムやタンパク質などを調整したごはんをあげたいです。

ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ 猫用 2kgがドライストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日…

歯を磨いてあげたい

ネコの歯を磨いている方は多くないのではないでしょうか。

ですが、ネコも歯はしっかりと磨いてあげたほうが良いのです。

ネコも歯石がたまると歯周病になり、口内環境が悪いと体全体に悪影響を及ぼします。

私が飼っていたネコにも歯周病で悩まされた子がいました。

また人間もそうですが歯に問題があるとQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が大きく低下します。

歯磨きはその歯周病などのリスクを下げてくれます。

ただし、ネコは口を触られるのを嫌がる子が多いのでゆっくり慣れさせていくか、できれば子ネコのうちから歯磨きを習慣にしてあげると良いでしょう。

口内環境が良い状態を維持できれば、ネコはもちろん飼い主も、一緒に過ごせる楽しい時間が長くなります。

ライオン (LION) ペットキッス (PETKISS) PETKISS 歯みがきシート 30枚X3Pがオーラルケアスト…

ペット保険に加入してあげたい

最後にしてあげたいことが、「ペット保険への加入」です。

先ほども述べましたが、最近の飼いネコは長生きになったぶん、それだけ多くの病気になる機会も増えています。

とくに老齢のネコに多い健康のトラブルがの腎臓の病気です。

私の家で飼っていた最後のネコも、最後の1年はこの病気との戦いでした。

私はその子を少なくとも2週間に1回は動物病院へ通院させていましたが、その甲斐あってか病院の先生も驚くほどよい状態を保ち、長生きしてくれました。

あまり人には懐かないネコでしたが、最後の1年はベッドに潜り込んでくるようになるなど、ずっと私と一緒にいるようになりました。

通院やいつ病状が悪化してしまうかわからないネコと一緒に過ごすのはつらく大変でしたが、幸せな時間でしたし、飼い主としての責任もしっかり果たせたのではないかと思います。

ですが、もう少し長生き「してしまっていたら」、私はその責任を果たせなかったかもしれません。

理由はお金です。

ペットの長期の通院や入院にはお金がかかり、期間が長くなれば飼い主の経済的負担は大きくなり、最終的には病院代を払えなくなってしまうことさえあるのです。

国民皆保険制度の日本では、人間には基本的に健康保険がありますが、ペットにはないのです。

なので動物病院への通院は1回につき数千から1万円以上かかり、さらに家で与える薬や専用の食事なども高価で、私はもう少しでこれらの費用を払うことができなくなりそうでした。

しかし、近年はペット保険を扱う保険会社が増えてきました。

私が猫を買い始めた当時は、ペット保険もその情報もあまり広まっていませんでしたが、今はテレビCMなどでもペット保険の宣伝をしています。

私がこれからネコを飼う機会があったら絶対にペット保険に加入してあげたいと思います。

そうすればそのネコの体調が悪くなったときでも、「ちょっと様子を見てから」などと思わず、安心して病院に連れて行ってあげることができます。

そうすれば飼っているネコはより健康に長生きできるようになり、楽しい時間が増えると思っています。

ネコが健康に長生きして、そして楽しく一緒に過ごすためにしてあげたい3つのこと

ペットを飼っている方は多いと思いますが、そのペットも病気になります。

私はネコを飼っていましたが、近年飼いネコは長生きするようになってきているため、それだけ病気などの健康上のリスクも増えています。

そのため、飼い主は普段のケアや、万が一のときの備えが必要になります。

私が今度猫を飼うことがあれば、「普段の食事に気をつける」「歯を磨く」「ペット保険に加入する」の3つは特にしてあげたいことです。

そういった気配りや備えは飼い主の責任だと思います。

そして何より、この3つのことは、愛するネコたちとできるだけ長く、より楽しく幸せな時間を一緒に過ごす方法だと思うのです。

最新情報をチェックしよう!