在宅ワークによる運動不足解消には踏み台昇降がおすすめ!

こんにちは、踏みはずし(@fumihazushi119)です。

近年、通信環境の発達や副業が注目されていることにより働き方が多様化し、自宅で仕事をする「在宅ワーク」で働く人が増えてきています。

しかし、在宅ワークは外出する機会が減るため運動不足になりがちです。

また、運動不足になると、身体的にだけでなく精神的にも落ち込んだり不安定になったりしてしまいます。

そんな運動不足や不安な気持ちをを解消するためには、家の中でできる「踏み台昇降運動」がおすすめです。

踏み台昇降運動とは、段差の上り下りを繰り返す運動で、学校のスポーツテストでやった方も多いでしょう。

この記事ではそんな踏み台昇降のメリットや専用の器具がなくても手軽にできる方法を紹介します。

在宅ワークや自粛の運動不足解消には踏み台昇降がおすすめ!

踏み台昇降運動のメリット

まずは踏み台昇降のメリットや特徴を紹介します。

1.家の中でできる
2.必要なのは台や段差だけなので費用がほとんどかからない
3.なにかをしながら運動ができるので飽きずに続けられる
4.有酸素運動で血行促進させて仕事の効率アップ
5.リズム運動なので気分転換に最適
6.ダイエットや筋トレにもなる
以上のメリットや特徴を説明していきます。

1.家の中でできる

在宅ワークの方の中には意識的に外に出て運動をしたりジムに通ったりしている方も多いと思いますが、やはり運動をする機会が減ってしまったという方が多いようです。
そして現在、新型コロナウイルスのために「自粛」しなければならず、外で運動したくてもできないという状況もあります。
そんなときには、踏み台昇降はほんの1畳ほどの狭いスペースがあればできるので、家の中でも手軽にできます。
また、家の中でできるので、天気が悪くても関係なく運動できるのもメリットの1つです。

2.必要なのは台や段差だけなので費用がほとんどかからない

しかし、「いやいや、家の中にそんなにちょうどいい段差なんてないよ」という人もいるかと思います。

ですが、家にあるもので工夫をすれば、お金をかけずに踏み台昇降ができる台を作ることができます。

たとえば、私はいらない雑誌をまとめることで、踏み台昇降の台を作っています。

画像ではビニール紐で縛っていますが、ダクトテープなどを使えばさらにガッチリとした台を作ることもできます。

安全面でもテープで頑丈な台を作るほうが良いです。

また、それでも家の中に丁度いいものがないという場合は、踏み台昇降はかなり安く手に入れられるので、購入しても良いでしょう。

同じく室内運動ができるエアロバイクなどと比べても圧倒的に安いのでコスパがよく、場所も取らないので邪魔になることもありません。

 

3.なにかをしながら運動ができるので飽きずに続けられる

運動で大切なのは継続することです。

しかし、外に出てするランニングやウォーキングは、毎日同じところを走ったり歩いたりして飽きてしまい、続かないという人も多いのではないでしょうか。

ジムにあるようなYoutubeなどが観られる画面の付いたランニングマシンがあればよいですが、そんなマシンは場所を取りますし、そもそも高価すぎてふつうの人が気軽に買えるものではありません。

ですが踏み台昇降は部屋の中のその場で音楽を聞きながらはもちろん、テレビ画面を観ながらでも運動ができるので、飽きることがなく継続しやすい運動です。

私は録画した番組や、『Amazonプライム・ビデオ』などの動画配信サービスを観ながら踏み台昇降をしています。

映画も良いですが、1回の運動時間は30分ほどなので、私はちょうどよい時間の長さのアニメや旅番組を観ています

普通ならつらいはずの運動も、動画を楽しみながらだとあっという間に終わるので、飽きることもありませんし、「運動しなくちゃいけない」というストレスもありません。

4.有酸素運動で血行促進

在宅ワークは座った姿勢でいることが多く、血流が悪くなりがちです。

特に脚を動かす機会が減ってしまうので、最悪の場合「エコノミークラス症候群」のように健康を大きく損なう可能性も考えられます。

なので、家にいる時間が長くなってしまう場合には、意識的に運動をしなければなりません。

また、文章を書くなど考える作業をしている人は、歩くなど適度な運動をすることで考えがまとまったり、新しいアイデアが浮かんだりしたという経験がある方も多いと思いでしょう。

頭にしっかりと血流を巡らすことで、仕事の効率をアップさせることができるのです。

5.リズム運動なので気分転換に最適

体を動かし、血液の循環を良くすることも健康においては重要です。

しかし、特に「心の健康」に効果的な運動が「リズム運動」と言われています。

イライラすると貧乏ゆすりをしたり、机を指でトントンと叩いたりする人を見たことがあると思いますが、あれは「一定のリズムをとることで気持ちを落ち着けようとしているから」とされています。

人は一定のリズムを刻むと、精神的にリラックスしてストレスを発散することができます

積極的なリズム運動としてメジャーなのがランニングやウォーキングですが、一定のスピードで段差を上り下りする踏み台昇降もリズム運動の1つです。

肉体だけでなく、精神的にもリフレッシュする機会が減ってしまう在宅ワークの方には、室内でできるリズム運動である踏み台昇降を取り入れることを強くおすすめします。

6.ダイエットや筋トレにもなる

在宅ワークに限らず運動不足で気になるのが、太ったり筋肉が衰えたりしてしまうことです。

通勤している人であれば、会社や駅の階段の上り下りなどが自然と運動になっていることもありますが、在宅ワークなどではその機会すら減ってしまいます。

ですが、家の中でもできる踏み台昇降は有酸素運動なので脂肪燃焼効果を期待でき、ダイエットに効果的です。

また、台の高さを変えて負荷を大きくすれば有酸素運動ながら筋トレにもなり、主に下半身の筋肉を維持・増進することもできます。

 

以上が、主に家にいる機会が多いという観点から見た踏み台昇降のメリットと特徴です。

ぜひ、取り入れていただきたいと思いますが、次は踏み台昇降をする際の注意点も紹介します。

踏み台昇降をする際の注意点

1.怪我をしないように注意する

踏み台昇降は怪我をしにくいトレーニングですが、それでも全く危険がないわけではありません。

転倒する危険もあるので、

  • 初めは台を高くしすぎないこと(高さは5cmもあればOK)
  • ふらつく場合は椅子などにつかまりながらすること
  • マットなどを敷いて滑らないようにすること

など安全に行いましょう。

マットは怪我だけでなく、床を傷つけないためにもあったほうがいいでしょう。

トレーニング専用のものもありますが、100円ショップなどにあるものでも十分に代用できます。

2.体調が悪い人は無理をしない

高血圧や持病を持っている方でも適度な運動が必要な場合は、踏み台昇降はそんな「適度な運動」としても最適です。

ですが、「体に負担をかける」ということには変わりないので、絶対に無理をしてはいけません。

運動をする場合は、お医者さんに許可をとってからにしましょう。

体調が悪いときは運動しないことや、するときでも台の高さ低くして体に負荷をかけすぎないようにしてください。

3.フォームをきちんとする

踏み台昇降の運動効果を上げるために、また怪我をしないためにはフォーム(やり方)が重要です。

  • 背筋を伸ばす
  • 膝からしっかりと上げることを意識する
  • 腕を大きく振る
  • 膝よりも低い位置の段差を利用する
  • 膝がつま先より前に出ないようにする

など、基本的な姿勢に気をつけましょう。

始める前に「踏み台昇降 やり方」などで検索し、トレーニング専門サイトで正しいやり方を勉強するのも良いと思います。

4.他人の迷惑にならないように注意する

踏み台昇降は、騒音なども少ないトレーニングです。

しかしそれでも、台を上り下りするときには音や振動が発生します。

集合住宅にお住まいの方や家族と一緒に暮らしている方は、音が出ないように気をつけ、人が寝る時間などは運動を控えましょう。

まとめ 在宅ワークにや自粛中には踏み台昇降がおすすめ

近年、自宅の中で働く「在宅ワーク」をする人が増えてきています。

そんな時におすすめなのが、外やジムにも行かずに、自宅の狭いスペースで安く気軽にできる踏み台昇降運動がおすすめです。

踏み台昇降は体への健康はもちろんですが、リズム運動であるため心の健康にも有効とされています。

自宅にこもってばかりになるのでイライラしたり、1人で気分が落ち込んでしまうこともあると思いますが、踏み台昇降なら肉体的にはもちろん、精神的なリフレッシュにもなります。

もちろん単純にダイエットや筋トレとしても効果的です。

なので運動不足に悩んでいる方には、ぜひこの機会に踏み台昇降を取り入れて運動不足を解消し、ストレスを発散してほしいと思います。

ただし、やり方など注意点をしっかり頭に入れて、怪我などをしないように注意してください。

最新情報をチェックしよう!

健康のためにしていることの最新記事8件